fc2ブログ

ハトノユメ

自作小説ブログ

  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • » 03

春にあそぶ (7)

「腕を上げられたようですね」

あれ以来、ユウリは時折部屋を訪ねてくるようになった。必ず茶器を運んできて給仕をしてくれる。

ユウリの淹れてくれる紅茶は格別においしい。


どこで覚えたのか、ユウリはレイナ付きの女中たちより紅茶の扱いに詳しそうなそぶりを見せることがある。最初に淹れてもらったときなどは、いつも女中たちが持ってくるのとは違う茶葉を使ったのかと思ったほどに水色も香りも異なっていた。あとから聞いたらいつもと同じ茶葉だったという。それなのにユウリが淹れてくれるときだけ、紅茶の表面に金の輪ができているのは錯覚だろうか。

もしかしたらユウリだけの何か特別な秘法があるのかもしれない。

今日もいつもどおりの手際のよさで茶を用意している。


レイナは、新しい図案に取り組んでいた。

もうすぐ完成する。

大判の白いハンカチーフの周囲に施した刺繍。

数種類の緑色の糸を組み合わせて、丸い模様を連ねるように描き出してある。


「それは、どういった意匠なのですか」

紅茶を運んできたユウリが不思議そうに尋ねてきた。

「何に見える?」

「さて、葡萄かなにかでしょうか」

「不正解」

紅茶を口に運びながら、レイナはからかうような口調で言った。


「これは、みどりの首飾りなんだ」

「首飾り?」

「そう、ガラス細工のような、きれいなみどりの首飾り」

そう言うと、レイナはそのハンカチーフを広げて、ユウリの肩のあたりにあてがってみた。

「昔ね、こういうのをしている子を見たんだ。とってもきれいだった」

「どこでご覧になったのですか?」

「秘密」

レイナはいたずらを楽しむ子供のように笑った。

「さて、次は剣の模様でも刺繍して兄上に差し上げようかな」

「レイナさま、それはあまりに……」

「冗談だよ。そんな面倒なことはしない。刺繍はやっぱり苦手だからね、そんな抗議方法は時間がかかりすぎる。でも」

「でも?」

「兄上とは近いうちにきちんと話をするよ。兄上のお考えはごもっともだが、わたしにもわたしなりの考えがあるから。それを伝えておかなければ」

レイナはカップに残っていた紅茶を一気に飲み干した。

「おいしかった、ありがとう」

ユウリは黙ったまま、茶器の片づけを始める。


茶器が触れ合ってカチャ、カチャと音をたてているのを聞きながら、レイナは窓の外の景色をながめた。


季節は初夏へとうつろいつつある。

木々の葉が生い茂り、みどりが濃くなってゆく。


「ユウリ、もしわたしがこの家をでて別のところへ行くと言ったら、きみはどうする?」

音がやむ。片付けの手を止めたようだ。

少しの沈黙。

レイナは外を見たまま返事を待った。


「ぼくは、レイナさまが行かれるところでしたらどこへでもお供いたします」

ユウリは、大きくはないが、はっきりとした声でそう答えた。

それは、レイナ一番望んでいた答えだった。


「……ありがとう、ユウリ」

ユウリは窓辺に歩み寄ると、外の一点を指し示した。

「チョウが飛んでいますよ」

「ああ、ほんとだ」

遠くに、白と黒、二匹のチョウが飛んでいるのが見えた。

二重螺旋を描くように、ひらひら、ひらひら。


二人はしばらく黙ったまま、その光景を目に焼き付けていた。


(第二章へすすむ→)

(目次へもどる)


スポンサーサイト



■ コメント

Re: タイトルなし

<<れもん様

ユウリが淹れる紅茶はおいしいだろうなーっと思っていただけたら、
このシーンを書いた甲斐があります^^


リンクの件、ありがとうございます。
早速こちらからも貼らせていただきます。

刺繍とか面倒ですよね・・

とかいいつつ、数えるほどしかやったことありませんが(汗

ユウリの入れる紅茶飲みたいー!!
ユウリさま、入れてください(笑(笑

リンクの件ありがとうございました♪
早速貼らしていただきました
こちらは貼ってくださるのなら大歓迎ですので、貼り貼りしてやってください^^

では☆

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://hatonoyume.blog24.fc2.com/tb.php/9-b44314f7

 | HOME | 

■ プロフィール

麦倉ハト

Author:麦倉ハト
------
オリジナルの読みもの公開ブログ。
ファンタジーが好き、ちょっとせつない読後感を目指す管理人がマイペースに書いております。

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ 検索フォーム

■ リンク

■ QRコード

QRコード