fc2ブログ

ハトノユメ

自作小説ブログ

  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • » 03

邂逅 (1)

「この先に、貨物列車の線路があるんだ。それに乗れば、自治区の近くまで行けるぜ」

山中にどんどん分け入りながら、ひげの男は後ろに続くアルバトロスに話しかけてくる。日が傾き、あたりは暗くなってきた。樹木が生い茂り、草の背も高い。今にも熊かなにかがでてきそうな中を進んでいく。

「乗れるんですか、それ。いくら貨物列車の発着場でも、警備くらいはしてるでしょう」

「あるのは発着場じゃねえよ、線路」

「……つまり?」

「走行中の列車に飛び乗るのさ」

男は髭の顔をわずかにアルバトロスのほうへむけた。その顔が、にやりと笑う。

「なに、ちゃんとコツを教えてやるから心配するなって」



しばらく進んだところに小さな谷になっている地点があった。谷間は狭く、大人が三人並べるかどうかという距離だ。その谷の両側の斜面にはトンネルが作られていて、その下にわずかばかりの線路が見える。

「この路線はその行程のほぼ全てが山中のトンネルを走っているんだ。発着場は線路の両端にしかなく、途中停車はいっさいなし。この路線で地上に顔を出しているのは、両端の発着場と、今いるこの狭い谷間だけ。軍事上の機密物資を運ぶために作った極秘の路線らしくてな、この国の人間でも存在を知っているやつはまれらしい」

男の説明を聞きながら、アルバトロスは眼下のトンネルを見つめた。

「どうしてここだけ地上にでているんでしょう。どうせならもっと深く掘り下げてしまえば、全部地下に埋められただろうに」

「この地点だけ、下にある固い地盤層が浅い位置にあるために掘り下げることができなかったらしい。ま、そのおかげでこんな作戦が可能になるわけだが」

「ここは警備してないんですね」

アルバトロスは周囲の気配をうかがう仕草をしながら言った。

「こんな獣道さえないような山中までくるやつはいないだろうって思ってるんだろうさ。ま、実際にはこうしてばかなまねをする奴がいるけど」

からかうような口調で話す男に、アルバトロスは少し顔をしかめてみせた。

「……それがぼくってことですか」

参ったなという気持ちをにじませるアルバトロスの言葉に、男はふっと笑ってから、

「背に腹はかえられんだろう?やるか、やらないかと聞かれたらやるだろう、ぼうずは」

と言ってきた。

そしてその視線が、アルバトロスの瞳をまっすぐにとらえた。

アルバトロスはその視線をしばし受け止めてから、

「ほかに方法がないのなら」

と静かに答えた。

男はその返答に満足したという表情で、「そうこなくっちゃな」とつぶやいた。

「今俺が考えうる範囲では、期日までにたどりつける一番確実な方法がこれだ」

ひげの男の言葉に、アルバトロスはかすかに笑ってみせた。

「この隙間から飛び移るんですか」

アルバトロスの問いにひげの男は「いいや」と答える。

「この路線は相当速度が速い。そのうえ列車の上部はトンネルすれすれだ。ここから飛び乗ると、トンネルの入り口に頭がぶつかるのはほぼ確実だな」

アルバトロスの脳裏に嫌な想像がうかんだ。脳震盪ではすまなそうだ。

「では、どのように?」

「トンネルの内部から飛び移る。いいポイントがあるんだ。時間になったらその場所に行く。今はだめだ」

アルバトロスは首をかしげて話の先をうながす。

「トンネルは上だけでなく左右も列車が通れるぎりぎりの大きさしかないんだ。途中数か所だけ、整備機器を置くために横幅を広くしてある地点があるんだが、そこまで行くにはちょっと時間がかかるんだ。今の時間だと、近いうちに列車が一回くるはずだ。俺たちがその広くなっているポイントにたどりつくまでに追いつかれてしまうだろうな。そうなると、だ」

「……まずいことになりますね」

「だろ?その列車をやりすごしてから向かうとしよう。それまでここで休憩だ」

男は手近の大きな石に腰かけた。

アルバトロスも近くの木の根にちょうどよい場所を見つけて座った。


あたりはかなり暗くなってきていた。


(つづきへ→)




スポンサーサイト



■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://hatonoyume.blog24.fc2.com/tb.php/56-06836b1d

 | HOME | 

■ プロフィール

麦倉ハト

Author:麦倉ハト
------
オリジナルの読みもの公開ブログ。
ファンタジーが好き、ちょっとせつない読後感を目指す管理人がマイペースに書いております。

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ 検索フォーム

■ リンク

■ QRコード

QRコード