fc2ブログ

ハトノユメ

自作小説ブログ

  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • » 03

冬にねむる (6)

いつのまにか景色は森の中。湖をはなれ、うっそうとした樹木のなかを進んでいる。あたりはうす暗くなり、遠くは見えない。歩いていこうとしている方向は、今いるところよりもなおいっそう暗いようだ。

前を歩くユウリはふりむかない。さきほどから無言のまま、レイナをいざなってゆく。

「ねえ、ユウリ、どこまで行くの?この先にきれいな花が咲いているの?」

レイナはユウリのうしろ姿に問いかけた。ユウリが立ち止まってふりむく。

頬に一すじの光の線が見えた。

「ユウリ、泣いているの?」

その問いかけにユウリは答えない。代わりにレイナに抱きついた。少年のユウリは、レイナの腰のあたりにしがみつく。

「帰らないでください」

小さな声でそう言った。

レイナはユウリの肩に手をおく。

「帰るって、どこへ?」

「現実の世界へ」

ユウリはレイナの顔を見上げている。漆黒の瞳はすいこまれそうなほど澄んでいる。

「現実に帰ったら、あなたは身をほろぼしてしまうかもしれない。ぼくは、現実のぼくはきっと、それを止めることができない。だから、ここから帰らないでください」

「ユウリ」

レイナはしゃがみこんでユウリを抱きしめた。夢の中なのに、体温をかんじる。

「ユウリ、ありがとう。でも、私はもどらないといけない」

「レイナさま」

「夢からはいつかさめないといけない。現実を生きないといけない。確かに苦しいことばかりだけど、ここで逃げたらきっと後悔する」

ユウリを抱く腕に力をこめる。

「守りたいんだ。故郷を、君と暮らした場所を。きみとの大切な思い出を。だってきみは、私にとってかけがいのない人だから」

「レイナさま」

「現実のきみにも、そう伝えたいとずっと思っていたけれど。気恥ずかしくて、なかなか言えないままなんだ。感謝の気持ももっとうまく伝えられたらいいのに」

「……伝わっていますよ」

レイナはユウリの顔を見た。かすかにほほえんでいる。

「ちゃんと、伝わっています。ちゃんと……」


ユウリのすがたが急にゆらぎはじめる。
みるみる陰影をなくしていったかと思うと、黒いかたまりが現れ、それが小さくちぎれてつぎつぎと空へ舞い上がってゆく。

蝶だった。

黒羽の蝶が、四方へ飛び去る。

レイナも、自らがすがたをうしなってゆくのがわかった。

レイナは白羽の蝶となり、黒蝶を追うように空へと舞い上がる。


突如、雪崩にでも巻き込まれたかのように思考の中の情景がかき消された。

光の波が押し寄せてきて、すべてが、ただ真っ白になった。


(つづきへ→)


スポンサーサイト



■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://hatonoyume.blog24.fc2.com/tb.php/31-63b4b48c

 | HOME | 

■ プロフィール

麦倉ハト

Author:麦倉ハト
------
オリジナルの読みもの公開ブログ。
ファンタジーが好き、ちょっとせつない読後感を目指す管理人がマイペースに書いております。

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ 検索フォーム

■ リンク

■ QRコード

QRコード