fc2ブログ

ハトノユメ

自作小説ブログ

夏にたびだつ (1)

むせかえる緑、まぶしい日の光。

ラスファイドに短い夏が来た。

石畳の道には両脇に街路樹が立ち並んでいる。それは真上から照りつける太陽をさえぎり、ほんのわずかではあるがひんやりとした日陰を路の脇に作り出してくれる。


その道を、レイナはひとり、大きな歩幅ですたすたと歩いてゆく。

日傘を差すこともせず、日陰を選ぼうともせず、まっすぐに歩いた。

その歩き方は、自分の決めた目標に向かってまっすぐに進んでいこうとする気質、一度目標を狙い定めたらめったなことではわき目を振らないレイナの性格をよくあらわしている。

屋敷内で大切に大切に育てられた他家の貴族の令嬢たちにはあまりみられない意志の強さ。

生まれ持った気質に加え、幼少の頃から剣術の修練に励み、大勢の男子学生に混じって士官学校で学んだという経験が、レイナをより力強くしたように思える。

士官学校を卒業後、しばらくは屋敷でひっそりとした暮らしを送ってきた。兄から課せられた貴婦人らしくなるための訓練も気は進まないながらもこなしていた。

だが、それも今日限りになりそうだ。


レイナはつい先程、兄の前で自分の考えをぶちまけてきてしまった。

途中で制止されないようにと、ありったけの言葉を途切れることなく発し続けた。

全部発散してしまったあとは、レイナのあまりの饒舌に目を見開いて沈黙する兄を残して屋敷を出てきてしまった。

もう戻れないかもしれない、とは思ったが、悪い気分ではなかった。


白いシャツに麻のズボンというレイナの服装は、ラスファイドでは青年男子が良く纏う夏の装いである。レイナにとっては動きやすいかどうかというのが衣服を選ぶときの一番重要なこと。

淡い色の髪を、一本の三つ編みにしている。短く切りそろえてしまおうかと思ったが、せっかく背中まで伸ばしたのでもったいないと思い直してしばらく束ねておくことにした。

ズボンをはいたその姿は、快活そうなレイナをより活動的にみせている。

佩いている剣は、兄から取り戻した愛用の品。

これからは、この剣をたよりに生きねば。

レイナは柄を強く握り締めた。


(つづきへ→)


スポンサーサイト



 | HOME | 

■ プロフィール

麦倉ハト

Author:麦倉ハト
------
オリジナルの読みもの公開ブログ。
ファンタジーが好き、ちょっとせつない読後感を目指す管理人がマイペースに書いております。

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ 検索フォーム

■ リンク

■ QRコード

QRコード