fc2ブログ

ハトノユメ

自作小説ブログ

  • 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • » 03

僚機 (6)

アルバトロスが去った休憩室には、入れ違いにイーグルが姿をみせた。

イーグルはアイスコーヒーをもらうついでに室内をさっと見回した。バーディを見つけて近づいていく。

「相変わらず好きなんだな、その菓子」

うしろから声をかけた。バーディがふりむく。

「おいしいんだよ、これ。イーグルもどう?」

バーディはスナックの袋をさしだす。もう四分の三は食べてしまってある。イーグルは一瞬間をおいて、「一個くれ」と言って手を伸ばした。赤い塊をつまんでくちにはこぶ。適度な塩味と酸味。

「ああ、たしかにうまいな」

「でしょ」

得意げなバーディはまたスナックを食べはじめる。イーグルはアイスコーヒーを一口のんでからバーディの隣に腰かけた。

「あいつは?」

「あいつって?」

「アルバトロス」

イーグルは周囲を見回しながら訊ねた。


「部屋にもどったよ。さっきまでここにいたけど、お菓子食べたら眠くなってきたって言って」

「……そうか」

イーグルは煙草を取り出して火をつけた。眉間にしわを寄せて煙草をふかすイーグルの様子に、バーディは奇妙なものをかんじた。

「どうだったのさ、今日の任務」

イーグルはちらっとバーディのほうを見た。だが言葉は発しない。

「アルバトロスはどんなかんじだった?うわさどおりの乗り手だった?」

イーグルは煙をふうっと長くはくと、灰皿を引き寄せて煙草を押しつけた。

「あいつ、ほんとうにブランクがあるのか?」

「ブランクって?」

「辺鄙なところに行っていたんだろう?戦闘任務なんかずいぶんやってなかったはずだ。飛ぶ前は本人もそう言っていたが、謙遜してやがったんだな。にくたらしい」

バーディは目をまるくした。スナックを食べる手が止まる。

「話がよくのみこめないな。今日は偵察任務でしょ。敵に遭ったの?」

「……ああ」

イーグルは敵四機と遭遇した一部始終をかいつまんでバーディに話した。


「一瞬?一瞬で二機堕としたの?アルバトロスが?」

「そうだよ。おれがてこずってる間にあっさり堕とした。いつ堕としたのか気づかなかったよ」

「へえ、すごいな」

イーグルの眉間のしわが更に深くなる。

「のんきなやつだな」

「どうしてさ」

「あいつがうわさどおりの腕前なら、うかうかしていられないぞ。おれも、お前も」

イーグルは新しい煙草に火をつけた。

「まあ、そうかもしれないけどさ。でも」

「でも、何だよ?」

「仲間だからいいじゃない。心強いってもんだ。敵じゃ大変」

「そりゃそうだが……」

バーディはソーダを飲んだ。すこし炭酸がぬけかけている。

「悪いやつじゃないと思うよ、アルバトロスは」

ぽつりと言ったバーディのほうをイーグルが見る。

「ちょっととぼけたところがあるけどね」

「ちょっとか?相当だろう」

イーグルはあきれたような表情を見せた。アイスコーヒーを一気に飲み干し、休憩室を去っていく。

その後ろすがたを見送りながら、バーディは、ふだんはクールなイーグルをあれだけ熱くさせるアルバトロスはやはりうわさどおりの腕前なのだろうと思った。自分もはやく一緒に飛んでみたいという気持ちを強くする。


一緒に飛んだら、ぼくもあのくらい取りみだしてしまうのだろうか。

ふとそう思った。


(つづきへ→)



«  | HOME | 

■ プロフィール

麦倉ハト

Author:麦倉ハト
------
オリジナルの読みもの公開ブログ。
ファンタジーが好き、ちょっとせつない読後感を目指す管理人がマイペースに書いております。

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ 検索フォーム

■ リンク

■ QRコード

QRコード